トイラボの人気オーダー

  

カラーネガ現像

モノクロ現像

クロスプロセス

○クロスプロセスとは、現像テクニックの一つです。
フィルムには種類が2つあり、1つ目はネガフィルム、2つ目はポジフィルムです。
普通、ネガフィルムはネガフィルム用の現像液、ポジフィルムはポジフィルム用の現像液を使って現像するところを、わざと”クロス”させて現像液を使う現像テクニックがクロスプロセスです。
つまり、ネガフィルムをポジフィルム用の現像液、ポジフィルムをネガフィルム用の現像液 を使って現像するということです。

ネガフィルムにポジフィルム用の現像液を使うというイレギュラーな現像することにより、予測不可能な色が出るクロスプロセス。発色がよく、フィルムによっても色の出方が違うので、いつもとは少し違う仕上がりを楽しむことができます。
注:トイラボではネガフィルムをポジフィルム用の現像液を使っての現像はおこなっておりません。

Wikipedia :クロスプロセス

リバーサル現像

○リバーサル現像とは、ネガフィルム現像とは違い、現像後にフィルム上に色の濃淡をみることができる現像です。フィルムの外装や箱に「E-6」や「CR-56」とかいてあるのが、リバーサルフィルムです。
リバーサルフィルムの名前の由来は写真の歴史はネガ画像から始まっているので、ネガを反転する工程を指して「リバーサル」という名称になったようです。別名、スライドフィルム・ポジフィルムとも言います。
リバーサルフィルムは見た目に近い再現性を持っていますが再現される明るさの範囲が狭く限定されるため適正な露出と適正な現像が求められ、デジタルカメラ以上に高度な撮影技術が要求されます。その画像自体が「色見本」となるので、かつては印刷原稿として使われていましたが、今ではデジタルの便利さに負け、プロでも使う人が少なくなってきたそうです。
Wikipedia:リバーサル現像

  • トイラボ料金表

  • お問合せ

    ご不明な点などは、こちらまでお問い合わせください。

    お問合せ

    メールフォームからお問い合わせ

  • 2015年10月18日 雨樹一期の福岡「クロスプロセス現像ワークショップ」

  • インスタグラム トイラボプロフィール

  • インスタグラム ハッシュタグ トイラボ

  • Twitter

  • Facebook


  • FED-5

  •